借金の時効と踏み倒し

借金にも期限(時効)がある

「借金をしたが、結局は返済することが出来なくなってしまった」という状況になった時、様々な対策を考えるのが当然なのですが、極論を言ってしまえば「無理して借金を返す必要はない」です。
通常、貸主が個人である場合は詳細な返済期限などを取り決めない場合も少なくありませんが、相手が企業(銀行や消費者金融など)である場合は明確に期限が決められます。
借金の時効 基本的には月に1回返済していくような形になるのですが、最終的な返済期日から最短5年で時効が成立する可能性が出てきます。最長では15年近くかかってしまう可能性があるものの、時効を「援用」することで債務を帳消しにすることが出来るので、返済に困ってしまっている場合にはこの方法を選択するという方法もありです。
ただし、期間的に長くかかってしまうというリスクがあるため、時効を利用して債務をなくすという方法をとる場合は断固たる意志の下で行動を起こすようにすることが必要です。

借金の踏み倒しはできるのか

どうしても借金を返すことができないが、自己破産もしたくないという時、踏み倒してしまおうかと考える人もいるのではないでしょうか。借金を踏み倒すことは可能ですが、色々な悪い影響を受けることになります。
踏み倒す方法のひとつに、時効援用というものがあります。これは、取り立てが来ても無視を続け、時効になるのを待つ方法です。時効援用が適用になるのは、時効になる期間が過ぎていること、それまでに返済を一度もしていないこと、時効援用の手続きをしていることの3つの条件を満たしていないといけません。
しかし、単純に時効の5年だけを逃げ切れば良いわけではなく、途中で時効期間が振り出しに戻ることもあります。貸金業者はプロの集団ですから、借金を踏み倒そうという人を放っておくことはありません。必ず何らかの手続きをとって、時効を振り出しに戻すでしょう。
こうなると、二度とお金を借りたりローンを組むことができなくなります。借金は安易に踏み倒してしまおうなどとは考えず、きちんと返済するようにしましょう。

Favorite

最終更新日:2018/9/28

CONTENTS $q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>